Loading...

太陽光発電はますますエネルギー戦略のかなめに

制作日: 2018年4月18日| ブログ

奥田です。

 

先日、経済産業省の有識者会議は2050年に向けた国の長期的なエネルギー戦略を議論し提言を取りまとめました。

 

それによると、
温室効果ガス削減に向けて太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーを「主力電源」とし、原発は「可能な限り依存度を低減」しつつも、二酸化炭素(CO2)をなくす脱炭素社会の実現のため「選択肢」として維持するとしました。

 

再生可能エネルギーの主力電源化は、まさしく太陽光発電パネルの普及を想定しており、これからもどんどんと住宅の屋根にも乗ることが予想されます。

 

家を建てるなら、屋根には太陽光パネルが載ってて当たり前って、時代がそこにやってきています。

 

これから家を建てるなら、できるだけ多く、太陽子発電パネルを搭載してください。

私共では、太陽光発電パネルの費用を自己負担なして搭載できる仕組みを持っています。

 

詳しくはお問い合わせください。