LCCM住宅はリセールバリューが高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)は、生産時から生活時を経て解体処分時までのCO2排出量までを計算に入れるので、CO2排出量をマイナスにするためには、その住宅が長期間存在する必要があります。

木造住宅の場合で、概ね30年から35年以上の期間を要するため、必然的に高耐久でないといけません。長期優良住宅で、かつ、耐震等級3であることがLCCM住宅認定の要件になっているゆえんです。

 

以前からの、私共の目指す家づくりの基準がそうであったことが、改めて正しかったと言えるようです。

 

もしも、あなたが20年後に中古住宅を購入しようとした場合、どんな中古住宅求めるでしょうか?

住宅は不動産という次代に引き継いでいく大切な資産です。LCCM住宅のような高性能で、高耐久、尚且つ、第三者の認定付き住宅を探しませんでしょうか?

 

ZEH以上に高性能で、高耐久、尚且つ、第三者の認定付き住宅は、今の時代に求められている条件ですので、万一、売却することになれば、そうでない住宅よりはリセールバリューが高くて当然です。

 

どうせ建てるなら、LCCM住宅を検討してみてください。

私どもでは、初期投資費用がほぼ必要なく、LCCM住宅を建てることができる仕組みがあります。

 

そのうえ、125万円の補助金がもらえます。

住宅メーカーに頼むか、地元で工務店を探すか。答えはここにあります。

長期優良住宅は、枚方市、寝屋川市、高槻市、交野市、東大阪市、大東市、箕面市、池田市で建築可能です。寝屋川市、枚方市、高槻市、その近隣での注文建築、大規模リフォームなら、安心・安全、丁寧がモットー、香里園の地元工務店 ダイワ工務店にご相談ください。

奥田 昌義(オクダ マサヨシ)

この記事を書いた人: 奥田 昌義(オクダ マサヨシ)

お問い合わせ

TEL: 0120-089-856
E-mail: info@e-daiwa.net

アーカイブ