太鼓梁とデッキがある吹抜リビングの平屋(寝屋川市)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吹き抜け 地松丸太の梁 床は無垢材ピノアース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓開口は引き分け戸を採用2600mmと大きく開放的

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋建てのお住い。南向きの庭へは大きな窓があり、ウッドデッキを通してリビングからお庭への繋がりが開放的です。


 

吉野産桧のウッドデッキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキには吉野産の桧を使いました。赤身混じりのやさしい風合いで、ほのかに桧の良い香りがします。


LDKを見上げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き抜けの上部に窓を設け、明かり差込み、窓を開けると心地よい風が下から上へと流れていきます。


リビングの窓から吹き抜け上部へと風か抜け心地よい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングの吹き抜けには地松の太鼓梁を使用しました。大きな梁を使用することにより、吹き抜けの存在感が際立ちます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂から洗面室、トイレ、寝室まで直線的な動線に配置しました。高齢者、車椅子にも配慮した動線です。


 

パネルはパナソニックHIT採用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物は南向きの大屋根に太陽光パネル11.8kWを搭載しました。

年間発電量14,457kWh/年 年間売電金額327,785円/年 (単価22,68円/kWhにて計算)

余剰買取で20年です。


旧家屋

完成後の外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外構は旧建物からある庭や植栽を残しつつ、高齢者介護の車も玄関前まで乗り入れがスムーズに出来るようにアプローチ全体をスロープにしました。


★ゼロ・エネルギー住宅

★遮熱Low‐E複層ガラス  

★ALL樹脂サッシ ★エコアイ熱交換換気システム 

★全館空調暖房システム ★発泡ウレタン吹付け断熱

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ